食品の新しい未来を可能に!


創業昭和59年以来、食品製造における技術供与から製パン用改良剤 の製造販売まで、実績を積み重ねています。

こだわり …食を楽しみ、健康を維持して頂けるものを追求。 

食べものは生命活動の根源です。医食同源という観点からも人の口に入るものは常に健康を維持し続けるものであること、そして健康への一助を担うことで皆様に喜んで頂けるものをご提供したいという思いでいます。また、おいしいものを食べるということは人生の楽しみでもあります。皆様に楽しんで頂けるおいしさを追求していくことをも使命としています。

不可能を可能に …出来ないではなく、何か方法はないのかを探る 

安全で安心のできる食品を追求するための研究開発では一朝一夕には実現できない事が多々あります。出来ないということなのではなく、別の切り口から、またはそれまでとは全く違う方法からのアプローチが示唆されているのだと考えています。必ずどこかに実現する方法があるのだと根気よく丹念に探っていきます。不可能なのではなくとことん可能へと転換するという信念で携わっています。

健康という利益 …作る側・売る側・食する側、「三方よし」を目指して 

近江商人が商売の基本とした「三方よし」の概念は、自分一人だけが儲けていると、まわりまわって最終的には自分自身も儲けられなくなるものであるから、長く商売を続けていくために買い手、売り手、作り手の皆で等分に利益が得ていくと良いということです。弊社ではこの近江商人の「利益」という言葉の意味に、経済的な「利益」ととともに、食品会社の責任として「健康」という体にとっても「利益」であることという思いも込めています。

自然への謙虚さ …皆様が健康で人生を楽しめることを願って 

時代に迎合するのではなく、時代の波に乗り、自然に対して謙虚でありたいという思いに立って研究開発を行っています。そしてその結果を社会に還元していきたいと考えています。弊社の研究開発は、ものごとの本質を捉えて、基本に立ち返り、本来あるべき姿を追求して行くことを基本としています。そして企業としての存続と発展をしていくために、「三方よし」という近江商人の教えに基づき、皆様と共に歩み共に利益を得て、食品開発に携わる責務として皆様が健康で人生を楽しめる食べ物を作り上げてご提供していきたいと考えています。

代表プロフィール         代表取締役

東京水産大学水産学部卒業
東京大学大学院農学生命科学研究科水圏生物科学専攻博士課程終了
博士(農学)・東京大学 取得